突撃は突撃でも、今回は通常版の「突撃!隣のJ感想!」

こちらもお久しぶりな更新ですが他サイトさんの感想にレッツ突撃!

▽テニスの王子様

言いがかり道場(ジャンプ感想51号:テニスの王子様)

「いや……菊丸の体力を そして全てを把握しコントロールしている奴が一人おるやろ? 大石秀一郎!!」

どうやらこの黄金コンビ、とらえ方としては
『奔放すぎる野生動物と、おとなしい性格の猛獣使い』
てカンジでよいのでしょうか。

……なんか南海キャンディーズの関係みたいだ。

うおおおい!言われてみれば同じタイプのコンビッ!
「菊丸の体力をコントロール」ってのは本来なら5〜6人に分身できるところを2人くらいに抑えさせてたとかってコト?

しかしまぁそのうち暴走してたくさんに分身しちゃうかもしれない無限の可能性。

「おーい、菊ちゃん、中盤でトリッキーなことすんなよ。 」
「ダメだ。俺こんなじゃじゃ馬あつかえねえよ。 」
(by 南海キャンディーズ山里亮太のつっこみ一覧)


▽ワンピース

スペースコロニー(期間限定ワンピ部屋:パイレーツ・オブ・レジェンド)

言われてみれば似てるかも! チョッパーの帽子をシルクハットにして耳ともみあげと破れた服を加えれば……

うわーっ! ハイドになった!(……か?)
そういえばジキル博士もドクターだし、薬飲んで強くなる人だった。あの映画のハイドはとてもかわいかったなあ。なぜあんなにネモ船長に懐いてたんだろう。

チョッパー=ハイド派がここにも一人。

自分内でのイメージではなぜかネモ船長がウソップになっちゃってます。
懐いてたといえば映画内でも「ネモー!ネモー!」って叫んでたハイドが印象強いんですがひょっとしたらそんなシーンは無く、自分の脳内だけなのかも知れません。

サンジがトム・ソーヤかドリアン・グレイかで悩むところなんですが、と思っていたらそういやミナは・・・ナミ!?
やっぱりドリアン・グレイで決まり!(何が)


▽みえるひと

KTRの趣味の館(ジャンプ感想51号:みえるひと)

なんで途中でサングラス取っちゃったんでしょうね。 かけたままの方が余裕感が漂っていていいのに。

そういえば途中からサングラスかけてない!
これはまさか「ラストスパートのためにサングラスをポイ」なんでしょーか。

それとも後々何かの伏線が?(胸に入れていたサングラスのおかげで助かったぜ、とか)

▽裏表紙・サモンナイト広告

狂詩曲魔剣終星(ジャンプ感想51号:裏表紙)

股間が発光している少女のイラストがジャンプの広告として採用許可が出る時代なんですね

うわあああ・・・本当に発光している!しかも悩ましげな表情に頬染め!

「サモンナイト クラフトソード物語〜はじまりの石」

の石ってまさか尿道結石のことなのか!?(・・・)


今回はこれにて。

関係ないですが、先日メッセで話してるうちに自分はかつて「ソフトンとへっくんが兄弟説」だったコトを思い出しました。
とぐろと屁・・・最悪兄弟だ!

・・・となると、ソフトン−へっくん−ビュティという三兄弟完成?
・・・となると、大・屁・小という因果関係が!?トグロ兄弟!?


嵐の如くボーボボが登場した「ボボー来訪者」だった第一部完結、第二部は「魔小水ビュティ」に違いない!(最悪だ)

実は妹だった事にショックを受けながらもビュティへの恋心を捨てきれないへっくん。

一度は別れたボーボボ一行との合流に向け、へっくんが今旅たつ!


「もう一度聞く
仲間に会いたいか?」

へっくん
「うん!」


「ヒトツだけ誓え
絶対に仲間を裏切るな いいな」

へっくん
「誓うよ 裏切らない
絶対に!」


(いつか必ず戻ってくる
あいつは俺の子だからな)

絶対に仲間を裏切らないと誓ったへっくんだったが、ビュティに恋するあまりボーボボと対立してしまう!
そのときへっくんの体に異変が!!

(続く)(誰か勝手に続けて下さい)(ラブバトンならぬパロバトンなら楽しそうだな)(ってそりゃジャンプ感想交換日記だーッ!今見ると自分とみしさんが半年以上も放置してる・・・ヒドイなこりゃ。)